ヨーグルトの成分と作用のご紹介

みなさんはヨーグルトが好きでしょうか?私が大好きなんです。スーパやコンビニなどあってこっていろんな種類を売っています。日本人にとって、最も長寿、健康な食べ物だと思うので、みんなに好まれているそうです。

ヨーグルトの乳酸菌について

ヨーグルトは健康食品としてみんなに好まれ、知られています。メーカによって様々な種類の商品を販売されていますが、もちろんその効果も違っています。では、それぞれのヨーグルトはどんな効果を持っているのでしょうか?まず、それぞれのヨーグルトが使われている乳酸菌から究明したいと思います。

1、乳酸菌のブルガリア菌2038株とサーモフィラス1131菌

便秘改善に効果がありますが、皮膚機能が改善され、美肌効果が望めます。

2、乳酸菌の“OLL1073R-1”

この乳酸菌に期待できる効果は“免疫力改善”です。簡単で言えば、インフルエンザや風邪にかかりにくくなります。

3、乳酸菌の“LG21”。「お腹に優しい乳酸菌」とも言う。

この乳酸菌は最も効果的にピロリ菌を減らすことができます。ピロリ菌が胃潰瘍、胃炎、胃がんなどの病気を引き起こす細菌です。LG21の場合、このピロリ菌だけを狙って減らすことができるので、下痢の可能性は低いのです。だから「お腹に優しい乳酸菌」といわれているのです。

4、乳酸菌の“BE80”。

“生きたまま腸まで届く、高生存ビフィズス菌”と言われるように、胃酸や腸液でも死滅せずに腸まで生きたまま届くのです。整腸作用が大きいと言えます。

5、乳酸菌の“ガセリ菌SP株”、“ビフィズス菌SP株”。

これらも生きたまま腸に届く乳酸菌とされていて、長く腸に留まってくれます。また、“内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果”も実験で検証されています。

ビフィズス菌sp株がカプセルに包まれているため、ビフィズス菌が生きて腸まで届き、腸内環境の改善が見込めます。

7、乳酸菌の“クレモリス菌FC株”、“アセトバクター菌FC株”。

ほかのヨーグルトと比べ、免疫細胞を活性化させる役割(風邪・インフルエンザの予防)

美肌効果や、整腸作用の他、“血糖値の上昇を緩和する効果”があります。

8、乳酸菌の“ビフィズス菌BB536”。

「生きてとどまる乳酸菌」で、胃酸で溶けにくく腸まで届きます。整腸作用もあり、他にも感染症・アレルギーにも効果があるのです。また、“花粉症を緩和する”効果も実証されています。

9、乳酸菌の“ビフィズス菌BifiX”。
腸内のビフィズス菌の数がよく増えるのです。
以上9種の乳酸菌は現在いろんなメーカにより生産されるヨーグルトです。みんなが自分が望む効果によって選んで食べましょう。

☆ペニスの血流を改善して男性の自信を回復できる医薬品をご存知ですか?

レビトラの効果効能について

早漏防止対策はこちらへ

?女性も必要な薬はこれです。不感症も怖くない

媚薬

?安心で購入できるネット薬通販サイトは

シアリス通販

アイピル通販

バイアグラ

精力剤