ヨーグルトの成分と作用のご紹介

みなさんはヨーグルトが好きでしょうか?私が大好きなんです。スーパやコンビニなどあってこっていろんな種類を売っています。日本人にとって、最も長寿、健康な食べ物だと思うので、みんなに好まれているそうです。

ダイエットに効果があるヨーグルトのおすすめ

最近は、ヨーグルトにダイエット効果があるとして注目を集めています。ヨーグルトダイエットで注目すべきは、「乳酸菌」と「カルシウム」です。近年になり、ダイエットの際にカルシウムを積極的に摂ると、そうではない人と比べて体脂肪が減ることがわかっています。さらに、カルシウムの摂取量が多い人ほど脂肪の排出が促進されるという研究報告もあることから、カルシウムの豊富なヨーグルトはダイエットに効果的に作用すると考えられています。

また、乳酸菌については、腸内環境を整え便秘を解消することは、すでに多くの方がその効果を知っているものと思われますが乳酸菌のもたらす効果はそれだけではありません。腸は「第二の脳」とも言われ、自律神経と深い関わりがあります。1990年にはアメリカにて「自律神経が乱れていると太りやすくなるという」研究結果が発表されましたが、これは多くの研究者によって実証されています。つまり、乳酸菌を摂って腸内を綺麗にすることは、ダイエット成功の近道と言えるのです。

では、今回はヨーグルトにダイエット効果があるトップ3の製品を紹介してみます。

第1位:メグミルク

日本人が馴染みやすいガセリ菌SP株が含まれたヨーグルトです。脂肪0、砂糖不使用でもおいしさにこだわって作られています。ガセリ菌は生命力が強く、人間の体内に最大90日と長い間、腸内にとどまることができるといわれています。内臓脂肪やコレステロール値の減少効果が期待でき、ダイエットにとっては強い味方になってくれることでしょう。ダイエット効果が期待できるのはもちろんですが、商品のバリエーションも豊富で、年齢層を選ばないということもあり、ダイエット部門文句なしの第1位です。

第2位:森永 ビヒダスBB536プレーンヨーグルト

生きて腸まで届くビフィズス菌536が含まれているヨーグルトです。酸味を抑えることによって、ヨーグルトが苦手な人でも食べやすい製品です。ビフィズス菌BB536は、酸や酸素に強いのはもちろんのこと生産数の高さも特徴です。腸内を良好に保ち排便をスムーズにしてくれるので、便秘やポッコリおなかで悩んでいる人にはおすすめです。

第3位:ダノンビオ プレーン・加糖

ダノンが独自に開発した高生存ビフィズス菌BE80が含まれているヨーグルトです。加糖であってもカロリーが低めに設定された製品です。ビフィズス菌BE80は、生きて腸にたどり着くだけではなく、他のヨーグルトと比較すると出荷後、賞味期限になっても菌が殆ど減少することなく生き残ることが証明されています。便秘の解消効果が期待できるほか、食後の膨満感の軽減にもなり、ダイエット食品としても有効です。加糖で無糖が苦手な人にも食べやすく、脂肪0でカロリーおさえめ、ダイエットにも効果大ということから第3位にランクインです。