ヨーグルトの成分と作用のご紹介

みなさんはヨーグルトが好きでしょうか?私が大好きなんです。スーパやコンビニなどあってこっていろんな種類を売っています。日本人にとって、最も長寿、健康な食べ物だと思うので、みんなに好まれているそうです。

ヨーグルトに含まれている栄養素

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌などを加えて発酵させたものなので、栄養的も牛乳と同じく、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んだ非常に栄養価の高い優れた食品です。ヨーグルトに含まれる主な栄養素を見ていきましょう。

ヨーグルトに含まれる栄養成分

ヨーグルトにはたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、原料の牛乳が持つ栄養成分がすべて含まれています。ヨーグルトのたんぱく質は乳酸菌によって分解され、ペプチドやアミノ酸になっているため、牛乳よりも消化吸収に優れています。またカルシウムもたんぱく質や乳酸と結びついて吸収されやすい形になっています。栄養成分としてはカルシウムやビタミンB2を多く含んでいるのが特徴です。

糖質

脳や神経系のエネルギー源で、体温維持の役割もあります。牛乳の糖質である乳糖を分解する酵素の働きが弱い人は、牛乳を飲むとお腹がごろごろしたり下痢をしやすくなることがあります。その点、ヨーグルトの場合は乳酸菌の働きで乳糖の一部が分解されているため、安心して食べることができます。

タンパク質

血液や筋肉、臓器といった器官の構成材料で、生理機能を調整します。ヨーグルトに含まれているタンパク質も乳酸菌の働きによってアミノ酸にまで分解されており、そのアミノ酸量は牛乳の4倍にも及びます。また、牛乳より消化吸収に優れているのも特徴です。

脂質

体を動かすエネルギー源で、細胞膜や血液、ホルモンの材料となります。

ミネラル

歯や骨などを構成し、酵素やホルモンの成分でもあります。体の機能を調整し、神経や筋肉などの機能を維持する役割をもっています。ミネラルの中でも、ヨーグルトにはカルシウムが多く含まれ、乳酸と結びついて乳酸カルシウムへと変化することによって体内に吸収されやすくなっています。

ビタミン

生理機能を調整し、炭水化物・脂質・タンパク質という3大栄養素の代謝をサポートします。ヨーグルトには皮膚や髪を健康に保つビタミンB2、疲労回復・食欲増進に役立つビタミンB1、アンチエイジング効果を期待できるビタミンEなどが豊富に含まれています。